ネットビジネス副業通信講座-起業と仕組みを語るブログ!

1000万を稼ぐノウハウ満載!ネットビジネスで成功するための、アイデアや、起業,独立のヒントやお金を稼ぐための裏情報を語る無料の公開授業。稼げない奴への毒舌批評もぜひ聞いてくださいね!

やめてケロ!自動変換のリライト記事がグーグルにコピペ判定受けるのかやって見たwwww

あーもーだめだWWWW.こういうのって実験せずにはいられない。最近私がハマっているのが、外注記事とリライトを組み合せてオリジナルの記事を大量に投稿する物量作戦。

 

その一環として実際にどこまでグーグルがリライトツールに反応するのか?どこまでやったらコピペ判定を受けてサイトが吹っ飛ぶのか?

 

リスク回避のためにも、ちょっと試さずにはいられなくなってしまい。数時間使って実験開始。以下の実験をしてみた。

 

① 原文を別の表現に変えるだけのリライトツールはペナるのか?

 

これは結構気になると思う。文章の構成は一切変えず、同一の文章の表現だけを全く変えてブログに10記事ぐらい投稿する。

 

それがグーグルにインデックスされれば、リライトツールの勝ち。言葉の変換程度ではすぐに見つけられるのならグーグルロボットの勝ちってことでやってみた。

 

今回使ったのは「言葉変換サイトのもんじろう」

 

monjiro.net

 

使い方は簡単で、まずは原文となる文章を例文から選ぶか、又は自分で貼りつけて、後は変換したい文章をスタイルを選んで「変換」ボタンを押せばよいだけ。

 

 

f:id:nihongo1000:20170608235243p:plain

 

・・・・実際にやって見よう。

 

 

f:id:nihongo1000:20170608235735p:plain

原文から謝罪文を選択して・・・武士語にしてみよう・・。

 

・・・ すると一瞬でこんな感じになる。

 

f:id:nihongo1000:20170608235827p:plain

 

・・ムム!武士っぽい。これなら原文の形もほぼ見えず、グーグルだってコピペ判定できないはず!!

 

 

ただ、ちょっと武士語は堅苦しい・・例えリライト記事自体が成立しても古語は読者に好かれまい・・やっぱり今風の言葉に直すしかない!!!

 

ということで選択したのが最近復活したのりぴー語

 

f:id:nihongo1000:20170609000630p:plain

 

 

f:id:nihongo1000:20170609000714p:plain

 

・・・・

 

・・・・・・

 

「ナイナイ!!って何?wwww」

 

これはダメだ。原文がほとんど残ってしまっている。バレるにちがいない。そもそもグーグルにばれる前に読者に馬鹿にされるに違いない。

 

他はないか?業界語っていうのもある・・・。

 

f:id:nihongo1000:20170609001607p:plain

 

 

f:id:nihongo1000:20170609001645p:plain

 

・・・・"(-""-)"  グーグル様を舐めてるな。こりゃダメだ。

 

むぅ・・・・。

 

他はないのか?もっとしっくりくるのがないのか??

 

と思って発見したのがマイケル語

 

f:id:nihongo1000:20170609000059p:plain

 

・・・マイケルってあのマイケルジャクソンか?俺の尊敬するマイケルが謝罪文を書いてくれるって言うのか?

 

 

・・・ドキドキしながら震える手でクリックをしてみたところ・・・。

 

 

f:id:nihongo1000:20170609000153p:plain

 

・・・・これだぁぁあ

 

・・これは秀逸!!!

 

 

 

ところどこに奇声が入り混じり、どう見ても原文には見えない。

 

さすがにグーグルだってこれが自動のリライト記事だなんて分かりっこない。

 

自動変換のリライト記事を30記事ばかり投稿した結果・・・

 

で、実際にやって見ないと意味ないでしょ?自動で完全一発変換のリライト記事を30

記事ばかりはてなに投稿した結果・・・。

 

f:id:nihongo1000:20170609002354p:plain

 

 ・・・

 

・・・・・・・・終わった。

 

いちど33PV来たが終わった、たぶんこのアクセスはSEOではなくて、はてなグループからのアクセスだとみられる…

 

つまり、この結果から言えることはオンラインの無料自動変換ソフトなど意味をなさないってこと(笑)

 

他にも自動変換はこんなのがある。

 

自動変換ツール

 

 

ひまつぶしにはいいけれど、本当に効果がない。

 

リライトツールに手動で辞書登録をしてオリジナルにすれば効果は抜群

ここまで読んでもらった方は、単に今回の記事はギャグかよ?笑えねーよってことにあなりそうなので、一応無料でも使えるリライトツールを紹介する。

 

無料で使えるリライトツール

 

 これならそこそこ使えるのだが、予測変換記事を新規で登録できないので、どこかで他の人と記事ネタがかぶる。

 

全文へのリライトが施せないなどの限界がある。だか当然私はこのレベルのリライト記事は使わない。

 

完全にオリジナルの文章ができるリライトツール以外絶対に手をださない。コチラのツール以外は絶対に使わない。

 

道具は使いようで、うまく使えばリライト記事でもアクセスはこの通り。

 

f:id:nihongo1000:20170609003623p:plain

 

f:id:nihongo1000:20170609003633p:plain

一日500VPVぐらい来るから、放置しておけばアドセンスでそれなりに収益化している。

 

というわけでギャグじゃなくてマジでリライト記事について話すと

 

① オンライン系の自動変換リライトツールはほぼコピペ判定を受ける

② 自分で辞書登録できるリライトツールはコピペ判定受けない

③ さらに外注記事も組み合わせれば99%大丈夫

 

と言う結果になりました。私はこれに味を占めたので毎月100記事ぐらいバンバン記事をぶち込んで、資産をブログを量産しようと思います!!

 

と言うわけで自動のリライト記事に関する考察でした!!

 

暇な人は無料の変換ツール使ってみて?結構笑えますよwwww.

ブログランキング・にほんブログ村へ banner にほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへ にほんブログ村 小遣いブログ 学生のお小遣い稼ぎへ