読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットビジネス副業通信講座-起業と仕組みを語るブログ!

1000万を稼ぐノウハウ満載!ネットビジネスで成功するための、アイデアや、起業,独立のヒントやお金を稼ぐための裏情報を語る無料の公開授業。稼げない奴への毒舌批評もぜひ聞いてくださいね!

ブログの収益構造を考えて稼げるサイトを作りましょう!

先生、私は主婦なので子供向けのサイトを作りたいんですけど?

子供服を楽天なんかで紹介したら売れますかね??

あ、私旅行に興味があるので、海外旅行体験記なんかを作りたいんですけど、どうですかね?マイナーな国にいろいろ行ってるんですよ・・。

あの・・・。私の場合英語に興味があるんですけど、英会話教材とか紹介したら行けますかね?

ダイエットの興味があるので、ダイエット日記で行きたいんですけど・・・?今からでも稼げますか??

・・・・・

・・・・・

・・・・・(-_-;)

確かに稼げないとは言えません。マニアックな商品で勝負というのは王道パターン。

YESと言ってしまいたいですが、今回は敢えてNO!と言わせていただきましょう。


何故か?

それはお金を払う相手が上手く把握できていないからです。

例えば日本語学校の入学を決める際、確かに本人が最終的な決定権を持っているとは言え、

お金を出すのは本国のご両親だったりすることは多々あります。そこまで考えてサイトを運営していない。

よく言われる例ですがポケモンなどの子供映画を夏休みにやるのは、親御さんからの収益を狙ってのことですよね?

実際にその商品を紹介した場合、お金を払う人は誰か?

ちゃんと把握して記事にしていますか?


例えば、子供服に関してはまさか小学生がネットからクレジットカードで買うわけじゃないですよね?

だったら、子供を口説いても仕方がないわけです。親を口説かないと!

その服を着ることによって学校でどんな良いことがあるのか?

将来どんな役に立つのか?そんな説明していますか?

例え、子供が購入したいと思っても、親がダメと言ったら、基本的に買えませんよ?

たまたま子供が見つけたとしても、ストーリーを考えてますか?

スマホの画面見せて親に向かって

「ねぇねぇここにこんなこと書いてあるよ?だから買ってもいいでしょ?」


なんて場面想像していますか?

海外旅行なんかもそうですが、ご本人が払う場合もあるけれど、彼氏が払う場合だってあるし、父親が出してくれる場合だってある

常に、訪問者が払うという場合じゃないことだってあるのです。


その辺を考えたことありますか?

もう一つ有名な例を出しましょう。

ディズニーランドは入場料で儲けてませんよね?

ディズニーの入り口にあるのは何か?「お土産物屋」ですよね?


道の途中にあるのは何か?「チュロス」「ポップコーン」ですよね?

あれで儲けているんですよ。(収益の割合は4:6位です)

お金を払うのは本人のためじゃない!お土産を渡す相手のためなのです。

そこに収益構造が生まれているんです。

勘のいい人は気づいてください!じゃあこれをネットビジネスに活かすとしたらどうすればいいのでしょうか?

いつもは具体的に言っているけれど、今回は答えがないまま終わろうかな(笑)

実際にお金が動いているのはどこ?財布は誰が握っている?

ちょっと立ち止まって考えてみてはどうでしょうか?

最後に一つ具体的に!ダイエットって、女性じゃなくて、太っている彼氏を痩せさせようとして、お金を使う子が多いんですよ!

親や友達に会わせるのが恥ずかしいんですって(笑)

f:id:nihongo1000:20150716114552j:plain



少しはサイト改善の方向性見えてきましたか?


ブログランキング・にほんブログ村へ banner にほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへ にほんブログ村 小遣いブログ 学生のお小遣い稼ぎへ